ホーム > フットサルのルール > フットサルのルールの考え方

フットサルのルール

フットサルのルールの考え方

ルールを知る前に、ぜひルールの考え方を忘れないでください。

フットサルのルールは、フットサルの特長を生かすように考え抜かれています。
フットサルの最大の特徴は、スピーディーな点にあります。そのため、4秒ルールやキックインといったサッカーとは違う独特のルールがあります。

また、フットサルは狭いピッチでプレーしますので、プレーを狭めていく行為は「ショルダーチャージ」でも違反の対象になります。

さらに、女性男性を問わずフェアに安全にプレーできるよう細部が詰められています。
その上で、皆さんが普段試合をするときは、公式試合でない限り、プレーする方のレベルに合わせて、ある程度柔軟に運用することをお勧めします。フットサルは、何よりも楽しくプレーすることが大事です。

公式なルールはここにあります。

フットサルにも、あのサッカーの元締め、FIFAが発行する公式のフットサルルールというのがあります。このホームページでルールを説明する場合には、基本的にこのFIFA公式ルール2000年版をもとに解説していきます。

2000年にグアテラマでフットサルのワールドカップが開かれました。その大会に向けてFIFAは、公式ルールを1995年から5年ぶりで改正しました。
その時の、公式ルールの原本は、英語で以下のアドレスにあります。
http://www.fifa.com/en/development/futsal/laws.html
(PDFファイル 全50ページ 約3MB)

もちろん、日本語訳も公式なものがあります。日本にも日本フットサル連盟があって、そのホームページで詳しくルールが解説されています。
http://futsal.jfa.or.jp/rule/index.html

この公式ルールは、あくまで国際的な公式の試合を行うための共通ルールです。普段の試合で厳格に運用する必要は必ずしもありません。

チームは5人です

フットサルは、5人でチームを組み、2つのチームで対戦するゲームです。この人数にはゴールキーパーも入ります。
試合開始の時には必ず最低5人が揃わなければなりません。

退場によっていずれかのチームの競技者の数が3人未満(つまり二人以下)になった場合、試合を放棄しなければなりません。

交代は自由です

交代要員は最大7人までですが、交代そのものは、いつでも何回でもできます。
この交代には、審判の許可を取る必要はありませんし、プレー中いつでも、つまりインプレー中でもアウトオブプレー中でも交代できます。

ゴールキーパーも同様で、ゴールキーパーがインプレー中に他のどのプレイヤーとも入れ替わることができます。

交代の正式な方法は、ピッチに設けられた交代ゾーンで行います。必ず、交代される側の競技者が、完全にタッチラインを超えてピッチの外に出るまで、交代はできません。

これに違反すると間接フリーキックが与えられます。

試合時間は20分ハーフで15分以内のハーフタイム

プレーの時間は、20分ずつの前後半で行われます。
ハーフタイムのインターバルは、15分を超えてはいけません。

タイムができます

フットサルでは、タイムアウトができます。

各チーム、それぞれ前後半1分間のタイムアウトが要求できます。
タイムアウトは、要求するチームがボールを保持しているときに限りいつでも認められます。

前半にタイムを取らなければ、後半に2回取れるというわけではありません。前後半で各1回ずつです。

タイムの間は、競技者はピッチの中にいなければならず、監督やコーチはピッチの中に入ってはいけません。
延長戦がある場合、延長戦ではタイムアウトはできません。

コイントスで勝ったらエンドを決めます

試合開始時にフィールドのどちら側を取るか。エンドの選択は、コイントスで決めます。トスに勝ったチームが、試合の前半に攻めるゴールを決めます。

コイントスに負けたチームが前半のキックオフをします。もちろん、前後半では、エンドが入れ替わります。

キックオフで試合が始まります

キックオフは、サッカーと同じように、試合開始と後半開始、得点のあと、延長戦の開始のときに起きます。相手チームは、キックオフのボールから3m以上離れている必要があります。最初のボールは、必ず前方に移動させます。前方に移動させる距離は少しでもかまいません。
ちなみに、キックオフから直接得点することもできます。

スローインの代わりにキックインでゲームを再開します

サッカーでは、スローインでゲームを再開しますが、フットサルではタッチラインをボールが超えたとき、またはボールが天井に当たったときは、キックインで試合を再開します。

キックインから直接ゴールをすることはできません。
キックインをするときは、いずれかの足の一部をタッチライン上、またはタッチラインの外のピッチ面につけることが必要です。

守備側のチームの競技者は、キックインを行う地点から5m以上はなれる必要があります。キックインする人と同じチームの競技者は5m以内にいても大丈夫です。

キックインは、ボールを保持してから4秒以内にキックインを行う必要があります。また、その後は、誰かがボールに触るまで、キックインした競技者はボールに触れてはいけません。

ボールが天井にあたったらキックインで再開します

試合が屋内で行われることも多くありますが、天井にボールがあたった場合には、最後にボールを触れたチームの相手のチームにキックインまたはゴールクリアランスが与えられます。場所は、ボールが天井にあたったところに、最も近いタッチライン、またはゴールラインから行われます。

ゴールキックの代わりに、ゴールキーパーはボールを投げて再開します

攻撃側のチームの競技者が最後にボールに触れて、地上でも空中でもボール全体がゴールラインを超えた場合、ゴールクリアランスと呼ばれる、スローで試合が再開されます。
相手競技者は、このとき、ペナルティエリアの外にいます。

ゴールキーパーは、他の競技者が触るまでは、自分でゴールクリアランスしたボールに触れてはいけません。
ゴールクリアランスから直接得点はできません。

4秒ルールがここにも適応されます。

ゴールキーパーにボールを戻すときに注意が必要です

ゴールクリアランスしたボールは、ハーフラインを超えるか、相手競技者が触れなければ、キックのみならず、ヘディングでもゴールキーパーに戻すことはできません。ゴールキーパーが戻されたボールを、足で扱っても反則です。

コーナーキックがあります

サッカーと同様、相手競技者のボールがゴールラインを超えてピッチの外に出た場合、近いほうのコーナーからコーナーキックをします。

コーナーキックからは、直接ゴールしても(相手のゴールなら)大丈夫です。
コーナーキックにも4秒ルールが適応されます。

4秒ルール すばやい再開が原則です

フットサルのスピーディーな特長を妨げる行為を禁じるよう、4秒ルールというのが適応されています。キックイン、コーナーキック、フリーキックといった、試合再開のプレーは、「ボールを保持した後4秒以内」に行われる必要があります。ボールを持ってから、というのがポイントです。

これは、ゴールキーパーにも適応されていて、ゴールキーパーがゴールラインを割ったボールを保持した場合、4秒以内にゴールクリアランスを行わなければいけません。

ペナルティキックとキックオフは4秒ルールが適応されません。

5m離れなければなりません

キックイン、コーナーキック、フリーキック、キックオフの際には、相手プレイヤーは、5m以上離れている必要があります。

ゴールクリアランスの時は、相手競技者は、ペナルティエリアの外にいる必要があります。

反則行為 直接フリーキックと間接フリーキック

フリーキックには直接と間接があります。違反があったその場所からフリーキックが行われ、直接フリーキックでは、直接ゴールができます。間接フリーキックでは、他の競技者に触れてからゴールした場合に得点となります。

それぞれ、どんなケースで適応されるか、詳しくは、ルールの原本を参照してください。参考までに、キッキング、ショルダーチャージ含むあらゆるチャージ、プッシングなどは、いずれも、不用意に、無謀に、あるいは過剰な力で犯したと判断した場合、直接フリーキックが相手チームに与えられます。唾吐き、ハンド、スライディングタックルも対象になります。
直接フリーキックが対象になる行為を、自陣のペナルティエリアで行うと、ボールの位置に関係なく、ペナルティキックが与えられます。

これに対し、間接のフリーキックは、ゴールキーパーへのバックパス、4秒ルールの違反などが対象になります。

チーム全体で5つ反則すると6つ目からは壁なしフリーキック

フェアなプレーを行うために、個々人の違反だけでなく、チーム全体としての違反行為を数えていきます。
前半、後半それぞれで、直接フリーキックの対象となる違反行為をチーム単位で数えていき、これが5つを超えて6つ目になったときは、6つ目の直接フリーキックから、相手チームは壁を作れなくなります。
これも、詳しくは、ルールの原本を参照してください。

フットサルの審判の動作



サッカー レプリカ
サッカー レプリカ
サッカー シューズ
サッカーシューズ
サッカーボール
サッカーボール
ユニフォームのお問い合わせはこちらから

»サッカーショップ加茂TOPページへ

»フットサル用品はこちら

フットサルについて

- フットサルとは?
- フットサルとサッカーの違い
- フットサルの用語集
- フットサルの歴史

フットサルのルール

- フットサルのサイズ
- フットサルのルール
- フットサルルール Q&A

フットサルリンク

- フットサル情報サイト
- 対戦相手募集
- 地域情報
- 海外フットサル

フットサルの戦術

- フットサルのフォーメーション
- フットサルの戦術
- シュートはどこにうつ?

全国のフットサルコート

関東・甲信 中部・北陸
近畿 中国・四国
北海道・東北 九州・沖縄


どこかに、
いいサッカー・
フットサルの大会
はありませんか?
© 2001-2009 加茂商事(株) All rights reserved. Terms of Use サッカーショップ加茂